ヴァナキュラーとキャスビー

画像


最近読んだ本です。
著者は、どちらもCASBEEという環境性能評価ツールの開発を手掛けた方です。
世界各地にある伝統的な住まいをCASBEEで評価したら、どのような格付けに評価されるか、実測と
シュミレーションで分析したのが左の本です。

イヌイットのイグルー、カッパドキアの洞窟住居、イランの採風塔のある住居、マレーシアの水上住居など
ヴァナキュラー建築としても興味が尽きないものばかりです。
この中で一番評価の低かったのが、イヌイットのイグルーですが、それでもトルコの現代住居よりは上でした。

ヴァナキュラー建築が比較的CASBEE評価が高いのは、環境負荷の要因が現代住居と比べて、極めて小さい
からです。だから、実際にイグルーが現代住居より住みごこちが良いわけではありません。

世の中の環境評価の指標は経済で、いくら検約できたとか、儲かったということで、エコポイントや太陽光発電が
大はやりですが、CASBEEをもう少し勉強してみたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック