古材を生かす

画像


古民家鑑定士の資格試験を受けて、古材利用は、見た目やデザインとしてだけでなく、構造材としても
有効利用する価値があることを再認識しました。

以前この敷地に、築80年前後の古民家が2棟ありました。当初は古民家再生で新しい住まいを、という
話もありましたが、十数年間空き家であったせいもあり、雨漏りがひどい箇所があったり、一部不同沈下
しているところもあったため、やはり建て替えることになりました。

建て替えにあたっての設計方針は、以前の建物の風情を残すことと、地棟梁などの丸太梁を再利用する
ことです。以前の家のつし2階と言って、小屋裏収納庫にあった丸太梁を、新しい家では、リビングの吹抜け
上部に、見える構造材としてもうひとふんばりしてもらいます。

一般的に木材の強度は、伐採されてから強度を増し、その後200~300年の間は、シロアリや腐朽などの
害がなければ、強度として問題はありません。ですから、この築80年の梁もまだまだ現役でいけるという
わけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック