JASCA関西の講習会

JASCA関西の『木造軸組構法の新しい耐震設計法がマスターできる実務講習会』へ行ってきました。
新しい耐震設計法というのは、もちろん限界耐力計算のことです。
この講習会は毎月第一水曜に大阪で行われています。
このたびの参加者は十数名で、遠くは鹿児島から来られていました(*_*)!
多くは、大阪、京都の人だと思いますが、講師の方々とも面識があるようで、JASCA関西の活動や
限界耐力計算も、関西では結構根付いているなあと感じ、羨ましかったです。

講習会のテキストは、JASCA関西の増補版マニュアルですが、これが非常にわかりやすいです。
講習会と合わせて、また理解が深まりました。

講習会で得た豆知識ですが、地盤種別の見分け方です。
J-SHISのHPで、表層地盤の増幅率を調べると、30m平均S波速度も表示されますが、これが400m/s以上
なら第一種地盤、150以上400未満なら第二種地盤、150未満なら第三種地盤です。

岡山県内には、第三種地盤はないと聞いていますが、調べてみると、やはり150未満はありません。
しかし、150から170は結構ありました。
要注意です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック