香川文化遺産保全技術者養成講座へ行く

香川文化遺産保全技術者養成講座へ行って来ました。
私は、岡山県に住んでいますが、縁!あって、わざわざ高松へ行って、研修を受けています。
今日は、高松市内にある民家園の四国村で、「伝統的木造民家の構法」というテーマで、名古屋工業大学
大学院教授の麓先生の座学と民家調査の見学講義がありました。
麓先生は、伝統的構法検証委員会の委員だった方で、その委員会の成果を踏まえての研修会でした。

個人的に、タイムリーな研修会でした。
現地調査の面白さを教えて頂けたと思います。
四国村には、移築された民家がたくさんありますが、午後の見学では、1棟1時間程度かけて、計4時間弱
じっくりと民家調査のイロハが学べたと思います。
このような研修は、なかなかありません。
県外からでも参加の価値があります。
来年もあると思いますので、興味ある方はぜひ行って見て下さい。

午前の座学で、奄美地方の民家で柱が梁を貫通して、台風で吹き飛ばされても壊れない民家が紹介され
ましたが、なんと!この民家園の中にも、柱が梁を貫通しているものがありました。
地方が違っても、同様の工夫が見られる例の発見です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック