ヤマベの木構造を読む

画像


ヤマベの木構造を読みました。
SS試験のデータの読み方、基礎の設計、水平構面の設計など、今まで不明確だった部分が理解でき、
すっきりしました。
木造の許容応力度計算のテキストとしては、(多種多様のテキストがありますが)ピカイチだと思います。
旧版を持っているのですが、なぜか積ん読状態でした。
現場必携ハンドブックという姉妹品があり、新たに購入しました。
内容はほぼ同じですが、設計データがコンパクトにまとめられていると思います。

SS試験に関しては、地盤調査会社によると、少しでも自沈層があると地盤改良の対象になるようですが、
不同沈下がなく、許容沈下量以下であれば、地耐力に応じて、布基礎、ベタ基礎で対応可能です。

柱頭柱脚金物のN値計算も、計算例が載っていて、大変参考になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック