本瓦土葺き屋根の単位重量を計る

画像
画像


画像


画像


画像


耐震診断をするために、本瓦土葺き屋根の単位重量を計ってもらいます。
こちらで見当をつけた値は、瓦120kg/㎡、土50kg/㎡、棟大150kg/m、棟中100kg/m、棟小50kg/mです。
正直根拠はなく、いわゆる勘ですが、果たして、どの程度当たるでしょうか?

計測結果は、瓦115kg/㎡、土55kg/㎡、棟315kg/m、300kg/m、140kg/mでした。
瓦と土は、足せばピッタリ同じですが、棟の重さが全然違いました。
本職の方の計測なので、間違いないと思います。
外からは見えませんが、棟の内部には、土がかなりあるようで、半分以上は土の重さでした。

以上の結果をもとに、限界耐力計算による耐震診断書が無事完成しました。
これで、ひとまず正月を迎えることができます。
来年は、JASCA関西にてヒアリングが待ってます!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック