テーマ:本の紹介

『岡山の「災害」を科学する』を読む

岡山理科大学『岡山学』研究会が刊行する、シリーズ『岡山学』の『岡山の「災害」を科学する』を読みました。 土砂災害、豪雨災害、局地風による災害、地震災害等が取り上げられています。 本の帯に、岡山は「安全な県」ではない!?、とありますが、岡山の災害意識の低さを憂えて出版されたそうです。 この本を読むと、災害は局地的に起こる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地震と建築」を読む

大崎順彦 著「地震と建築」を読みました。 地震という、とらえ難い現象を、どのような過程で解き明かし、耐震設計に結びつけていったのか、 歴史の変遷から、地震工学や耐震設計の考え方を、本当に分かりやすく解説してあり、 入門書としても最適です。 私が、木構造や耐震に興味をもったきっかけは、加速度応答スペクトルの意味がわかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more